PVCの歴史について

ポリ塩化ビニル(PVC)は、1920年代に商業的に開発された合成プラスチックの一種です。PVCは、塩素とエチレンから製造され、その耐久性と柔軟性から多くの用途に適しています。初めてPVCが合成されたのは1872年ですが、その実用的な応用は1930年代にドイツで始まりました。PVCは水道管、窓枠、床材、電線の絶縁材など、建築材料や日用品に広く使用されています。また、環境への影響が問題視されることもありますが、リサイクル技術の向上により持続可能な利用が進められています。